最近のマタニティライフは楽しそう

私が娘を出産してからもう20年が経ち、今ではその娘のお腹の中に赤ちゃんがいて、孫が生まれてきてくれるのを、今か今かと待ちわびている毎日です。私は今、娘のマタニティライフを毎日この目で見ているのですが、私が娘を妊娠していたときと比べると、最近の妊婦さんはとても楽しそうだなと、マタニティライフが新しくなっていっているということを実感してしまいます。私の時代のマタニティライフが楽しくなかったというわけではありませんが、今の方がきっと、自由な過ごし方ができているのではないでしょうか。

これを感じるポイントは日常生活の中で多々あるのですが、例えば食事の管理についてです。私が娘を妊娠しているときはというと、カルシウムをたくさん摂らなければならないと思い、必死になって魚の煮干しを食べていたり、その反対に糖分は撮りすぎてはいけないからと、甘いお菓子を我慢していたりと、あまり好みの食事生活を送ることができていませんでした。それに対して娘は、こういった栄養バランスが専門家によって考えて整えられている補助食品を摂りながら、適度に甘いお菓子も口にしています。その甘いお菓子というのも、妊婦さんの身体に優しい豆乳や寒天が使われているもので、ここでも栄養バランスが考慮されていました。そのほかでいうと、ファッションにおいても新しくなっていると思います。

私が妊娠後期になったときには、マタニティドレスを着ていたのですが、そのデザインはどれも同じようなものばかりで、お洒落を楽しむということができませんでした。そのため、「赤ちゃんを出産したらこの服を着よう」といって、そのときのための洋服を購入したりもしていました。しかし今の娘を見ていると、マタニティドレスの種類が豊富なことはもちろん、見た目にはそうは見えないデザインのものばかりで、十分にお洒落を楽しんでいるようです。私は今、娘のマタニティライフを間近で見ている中で、最近の妊婦さんは楽しそうだなと思います。私のときとは違い、何かと新しいものが出てきているようで、マタニティライフの中に不便がなさそうです。こういうのを、時代の流れというんだろなと実感する毎日です。とはいえ、不便なく新しくなっていくのは嬉しいことで、娘に楽しいマタニティライフを送ってもらい、元気な赤ちゃんを産んでほしいなと思っています。娘を見て、新しくなっているマタニティライフの情報を知りました。